キャナルシティ福岡飾り山笠画像

博多祇園山笠が7月1日に御神入れを迎え、いよいよ公開となり博多の街が熱気に包まれます。

キャナルシティ福岡飾り山笠画像

表 ー  弁慶衣川大奮戦(べんけいころもがわだいふんせん)
川崎修一作

見送りー 浦島太郎龍宮縁(うらしまたろうのえにし)
室井聖太郎作

291622228_5210349579044331_3367926966465545257_n.jpg291414027_5210356709043618_2858445753215428722_n (1).jpg浦島太郎飾り山 074.jpgsrc=src="https://ninngyousakka.up.seesaa.net/image/291517907_5210358635710092_4682397567237234172_n.jpg" width="1080" height="1920">291517907_5210358635710092_4682397567237234172_n.jpg289870279_5210505952362027_2502457264761443846_n.jpg

博多祇園山笠公式ポスター 2022

コロナで自粛を余儀なくされていた博多祇園山笠が3年ぶりに復活し、博多の男衆の雄姿が駆け巡ります。工房では現在、飾り山笠の制作が進行中です。
今年の博多祇園山笠公式ポスターです。


283326386_2206789182806429_5725239293435306177_n.jpg

上野焼、博多人形コラボレーション


上野焼、博多人形コラボレーション
立花宗茂、誾千代展と戦国武将
アクロス福岡 5月10日~5月15日 入場無料


img250.jpgimg251.jpgアクロス福岡立花宗茂と上野焼コラボ企画 009.jpgアクロス福岡立花宗茂と上野焼コラボ企画 013.jpgアクロス福岡立花宗茂と上野焼コラボ企画 015.jpg
『 黒田長政公 
』 聖太郎作
アクロス福岡立花宗茂と上野焼コラボ企画 015.jpg
立花宗茂展 047.jpg
posted by tarou at 15:50福岡 ☁Comment(0)展示会

第72回新作博多人形展

第72回新作博多人形展 伝統工芸青山スクエア 
令和4年4月22日~28日

伝産展作品会場 青山 010.jpg伝産展作品会場 青山 011.jpg伝産展作品会場 青山 016.jpg伝産展作品会場 青山 026.jpg伝産展作品会場 青山 015.jpg伝産展作品会場 青山 028.jpg伝産展作品会場 青山 020.jpg伝産展作品会場 青山 018.jpg
posted by tarou at 16:19福岡 ☀Comment(0)展示会

節句人形

節句人形

【 馬上の将 】聖太郎作IMG_0073-e1457659072368-768x713.jpg

事変。


世界が一丸となって脅威、コロナ禍と対峙しているなか、人類史上あってはならない平和への破壊侵略が行われました。苦痛と恐怖を訴える善良なる人々の声を世界は受け止め、その蛮行を永遠に歴史に刻まなければなりません。
posted by tarou at 19:41福岡 Comment(0)時事

博多祇園山笠新年懇談会

博多祇園山笠新年懇談会 令和4年2月19日
博多祇園山笠総鎮守櫛田神社において今年の山笠行事についての確認と方針が示され、舁き山笠、飾り山笠、共に制作する方向で進めることを、山笠人形師、山笠大工、全員一致で採択されました。
挨拶される櫛田神社宮司、阿部憲之介氏。山笠振興会会長、武田忠也氏。

012.JPG006.JPG

令和4年(2022)迎春

令和4年(2022)迎春

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。095.JPG
昇運虎  聖太郎作
posted by tarou at 04:43福岡 ☀Comment(0)時事

第73回 白彫会博多人形新作展

博多人形作家団体白彫会が今年も恒例の白彫会展示会を岩田屋三越美術画廊において開催いたします。

開催期日 11月10日(水)~15日(月)

本年は「おうち時間を彩る人形達」をテーマとして会員各々が個性を発揮し、生活空間に癒しを与える人形を制作致しました。他に定番の玉手箱、来年の干支人形など100点余りが展示されます。

是非、ご高覧のほどご案内申し上げます。

図録画像.jpg

TOKOYOパラリンピック2020 閉幕

TOKOYOパラリンピック2020 閉幕

2021年9月5日

障がいを乗り越えた世界のアスリートが可能性と限界に挑戦し、感動と和の繋がりを示してくれました。

2ebd4e3ab2d2594eab78a09a7472a3d5.png

001.JPG
posted by tarou at 11:47福岡 ☁Comment(0)時事

博多祇園山笠2021特番 JCOM


博多祇園山笠2021特番 JCOM
昨年はコロナ禍の影響で中止を余儀なくされた博多祇園山笠が今年は舁き山を自粛したかたちで飾り山笠の展示をすることとなり、来年に繋げる思いで取り組んだ飾り山笠の特集がJCOMさんの提供により取材が行われました。キャナルシティの川崎修一氏と私、新天町の小副川太郎氏、山笠に関わる方々にも焦点を当て、山笠の起源、現在の新しい試みなど幅広い視点から構成された内容となっております。8月28日から毎週の(土)(日)19時~19時半に9月中放送されます。


001.JPG
001.JPG

長崎被爆76年



黙禱 8月9日、長崎被爆76年。
失われた魂の無念を想い、自身も被爆国の一人であることを再認識する日です。
posted by tarou at 01:39福岡 ☁Comment(0)時事

東京オリンピック2020閉幕

東京オリンピック2020閉幕

2021年8月8日


東京オリンピック2020閉幕
2021年8月8日
世界のアスリートが火花を散らし残したドラマと感動。その交流から平和と絆が生まれることを祈ります。


_photos_uncategorized_2016_08_06_olympic_flag-thumbnail2.jpg
001.JPG
posted by tarou at 01:39福岡 ☔Comment(0)時事

黙禱 広島原爆投下76年


黙禱 8月6日、広島原爆投下から76年。

世界が現在、保有する核弾頭数は1万3080発。

この狂気的数字が示す人間の愚行に地球の未来の危うさが現わされています。

地球創生から現在までの進化が無と化す恐怖を造り出した人間の英知が今、試されています。
posted by tarou at 05:53福岡 ☀Comment(0)時事

博多人形未来展

博多人形未来展


博多人形の伝統技法を活かして、人形以外の造形にも挑戦し、人形表現の可能性を追求した博多人形未来展です


032.JPG036.JPG001.JPG025.JPG003.JPG005.JPG045.JPG
043.JPG

posted by tarou at 21:34福岡 ☁Comment(0)展示会

第34回 知新会展

第34回 知新会展

私が所属する工芸美術知新会の展示会が7月13日~7月25日まで開催いたします。

会場 唐津市近代図書館美術ホール

066.JPG
063.JPG060.JPG036.JPG038.JPG045.JPG042.JPG052.JPG043.JPG047.JPG
058.JPG053.JPG
051.JPG
posted by tarou at 09:15福岡 ☁Comment(0)展示会

the WORLD & Ⅰ 取材

the WORLD & Ⅰ 取材


以前、 world & Ⅰ 誌が直接工房へ取材に来られたときのものです。当時通訳が同行して一日がかりで熱心に取材され6ページにわたり掲載されました。世界的に知られている情報誌に博多の文化や伝統工芸品が発信されたことはすばらしいことでした。

_photos_uncategorized_2014_01_26_140126_123746_2-thumbnail2.jpg_photos_uncategorized_2014_01_26_140126_123830-thumbnail2.jpg_photos_uncategorized_2014_01_26_140126_123934-thumbnail2.jpg_photos_uncategorized_2014_01_26_140126_124024-thumbnail2.jpg_photos_uncategorized_2014_01_26_140126_124051-thumbnail2.jpg
_photos_uncategorized_2014_01_26_140126_123919_2-thumbnail2.jpg_photos_uncategorized_2014_01_26_140126_124009-thumbnail2.jpg
_photos_uncategorized_2014_01_26_140126_153223-thumbnail2.jpgimg132.jpg

春日市ふれあい文化センター 博多人形体験教室

春日市ふれあい文化センター 博多人形体験教室

令和3年4月11日、コロナ対策が充分図られた中、定員15名を限定で、春日市ふれあい文化センターにおいて
博多人形体験教室を開催させて頂きました。

テーマはいま話題の妖怪アマビエの人形生地に彩色を施しマイアマビエでコロナ禍を乗り越え超えようというもの。
文化センターさん制作の案内広告で応募を募り、定員15名に対し、50名を超えるご応募を頂きました。

教室の会場風景

8b336661063baa97bd2faa792482900d.jpg

079.JPG

089.JPG

095.JPG

050.JPG

061.JPG

045.JPG

027.JPG

077.JPG

029.JPG

080.JPG



博多人形供養祭 令和2年12月12日


博多人形供養祭 令和2年12月12日

今年もコロナ禍のなか、恒例の人形供養祭が勝祥院にて開催されました。
今年逝去された人形師の供養や仕事に使用した筆、残された人形の供養が祈念される催事です。


049.JPG

004.JPG

002.JPG

011.JPG

032.JPG

050.JPG

049.JPG

干支丑制作


工房では来年の干支、丑の制作が始まりました。


008.JPG



001.JPG


005.JPG

守護 アマビエ

守護 アマビエ(金箔仕上)

江戸時代に描いた絵師が現代の時代に厄除けの象徴となっていることをどのように思うのかと想像しつつ今話題のアマビエを制作してみました。

第72回白彫会展出品予定


DSC_0001 (2).JPG